旅日記(ベトナム編)その1

2015年1月某日、信頼と実績のLCCで日本を出国しました。クアラルンプール経由のベトナム・ホーチミン行きです。リュック一つで約3カ月の一人旅。いわゆるバックパッカーというやつです。

 

30代半ばにも関わらず海外旅行経験はわずかに一度。その一度も大学の恩師と後輩、3人で居酒屋で盛り上がり急遽決まった北京3泊4日。

パスポート未取得のためチケット見込み購入。

翌日即パスポート申請。

バタバタ。

ドタドタ。

飲んで食べての北京3泊4日はとても良い思い出ですが、旅慣れた恩師の後ろにくっついて歩いてただけなので「俺はもう海外経験者。イミグレかかってこいや」とはならず、パスポート期限ギリギリ、10年ぶりの出国にビビるミチクサ。羽田で止まらぬスーパードライ。ごくごく。

 

スーパードライ効果でアッという間にクアラルンプールへ。約7時間のフライトなのにほとんど記憶なし。お酒こわい。

 

 

ひ、広い・・・なにこの空港。アジア最大の1万ヘクタール。成田空港の9倍だそうです、ネットが言ってました。牛なら一万頭飼育出来ます。

 

全然わからない英語とその100倍わかんない謎の文字。

乗り換え時間は確か2時間程度だったような。今考えてみたら危険でしたね。

流れる時間の早いこと。バタドタ。

 

なんとか乗り継ぎ成功。

そしてまたもアッという間にホーチミン。酒ではなく単に記憶力の問題かもしれません。

 

ともかくベトナム入国だ!もう大丈夫だ!!あとは案内板を見てずしずし進めば良いのだ!!!

 

案内板発見! オォ・・・残念、やっぱりよくわからない。クアラルンプール空港を経験し、案内板力が格段に上がったと思ったのですがダメでした。どんまいミチクサ。

まあでも結局なんとかなります。旅の不思議。おおげさですね、まだ空港内・・・。

 

 

お店を始めてから「英語全く駄目なのに海外旅行って出来るんですか?」

って聞かれることがよくあります。

 

全然大丈夫ですよ。ただ思い出が少なくて記憶の定着も悪いだけです・・・悲しい。

 

 

ともかくベトナム・ホーチミンです。              つづく。