旅日記(ベトナム編)その3

いよいよホーチミンから移動です。交通手段は寝台バス。

有名過ぎて偽物が存在するらしいツアー会社でチケットをとり早速バスへ乗り込みます。たぶん本物です。

普段は高身長に憧れますがこういう時は助かります。高学歴、高収入も憧れます。来世に期待。

 

次の町まで約9時間。あっ、車内トイレ無いのね。あっ、冷房超強いのね。あっ、トイレ休憩あんまり無いのね・・・。

拷問かよ!(※普通はトイレ付きのようです。ま、まさかニセモノだったのか・・・)

 

ちなみにタクシー同様、多くのお客様を乗せるバスも運転はワイルドです。とりあえずクラクションを鳴らし、鼻先でも隙間があれば強引に車線変更を繰り返します。なぜそんなにも生き急ぐのか・・・怖い。

朝6時30分 ビーチリゾートとして発展著しいニャチャン到着。用は無くともここで全員バスを降ろされます。ビーチリゾートにゃ用はねぇぜ、ということでその日の夜にまたバスで北上します。滞在時間は12時間ほど。飲みまくるしかない。食べまくるしかない。でもまた夜に拷問バスに乗り込むと思うと・・・ガクガク。

ビーチリゾートというだけあって、地元民に愛される小汚いけど絶品の食堂や屋台があまり見当たりません。

もちろん探せばあるのだろうけれど、暑過ぎて探す気になりません。

なんとなくオシャレで割高なお店が多い中、料理人としての嗅覚を信じ入店!

 

なんか色々あるなぁ・・・。いやな予感・・・。まさかね・・・。

 

悩んだ末ベトナムヌードルとやらを注文。

ベトナムの麺料理=フォー!という日本人の固定観念を打ち破ってくれぃ!!

 

おぉ!パクチーが萎びてない!イカやらエビやら入ってるのもビーチリゾートっぽい!

ヌードルは!?ヌードルは一体どんなヌードルなんだぃ!!?

 

パリッ!!

おぉ~~~~ぅ!!!

 

な、なんとチキ○ラーメン、のような麺。お、美味しいけどね、でもね・・・。心に広がるコレジャナイ感。

 

 

やっぱりフォーが好き。                                 つづく。